パワーストーンイメージ

遠距離恋愛の恋人とパワーストーンのペアブレスをしています

私には付き合って5年の恋人がいます。
しかし、相手は今年の4月から地方での勤務が決まり、遠距離恋愛になってしまいました。
正直に申し上げて、遠距離恋愛は想像していたよりも辛く、何度も挫けそうになってしまうことがありました。
そんな時に私を助け、二人を結びつけてくれているのが、パワーストーンのペアブレスなのです。
恋人の転勤が決まるまで、私たちはお揃いのものというものを持っていませんでした。
5年も付き合っていて珍しいかもしれませんが、近くにいていつでも会えるという状況に甘えていたのです。
しかし、離れなければならなくなって、自分たちの関係や絆を確かめる品が欲しいと、どちらからともなく言い出し、二人で買い物に行ったのです。
最初はリングを検討していたのですが、石が入ったリングというのは何だか重い気がして、何か良いものはないかと探していた時に目に入ったのがペアブレスだったのです。
私たちが選んだのは、お互いの誕生石が埋め込まれたブレスレットでした。
5月生まれの私はエメラルドを、1月生まれの恋人はガーネットの入ったブレスレットを購入し、それを交換してそれぞれが相手の誕生石の入ったブレスレットを身に付けることにしたのです。
私はあまりジュエリーには興味がなかったのですが、このブレスレットだけは別でした。
それはオシャレのためのジュエリーではなく、離れていてもお互いを感じることが出来るもので、自分に勇気やぬくもりを与えてくれるパワーストーンの役割を持っているのです。
私は昔からパワーストーンというものに興味を持っていたので、それらがもたらす力を恋人に教えました。
勿論、「非科学的だ。」と笑われることも覚悟していましたが、恋人は真剣に耳を傾けてくれ、私の誕生石であるエメラルドを愛おしそうに見つめてくれました。
パワーストーンは持ち主を災厄から退け、幸運をもたらしてくれる代わりに、様々な邪気を吸い込んでしまう性質があるので、たまに月光浴などの方法で浄化する必要があります。
普段は日々の生活に追われて、なかなかブレスレットをまじまじと見る時間がありませんが、この浄化作業をする時だけは、月明かりの下、輝くワインレッドの石を見つけることで遠く離れた恋人のことだけを考えて、今頃相手も自分のことを想ってくれているだろうか。
と思いをはせることが出来る、大切な時間なのです。

Copyright(C) 2011 power stone.com All Rights Reserved.